得た利益をなるべく多く手元に残すために経営者自ら節税対策をしましょう。

法人の会計に関する知識のヘッダー画像

脱税と節税の違い

札束脱税と節税の違いは、おおまかな部分を見れば区別するのが簡単ですが、実際に経理で経費処理していくと線引きが曖昧な部分がたくさんあります。

 

脱税は納税しないといけない税金を支払わない違法行為

 

なお申告しても資金繰りの都合で税金を払えない場合は未払い滞納と呼びます。

 

決算などで税申告する上で適切な税金を払う内容で申告をしていないものが脱税

 

経費を使ったり事業投資などで正しく利益を減らして税金の負担を抑えるのが節税

脱税なんてしていない!と思っている経営者でも、ルールを勘違いして知らないうちに脱税行為をしているケースも多く見られます。

 

実際の事例を見ながら脱税と節税の違いをまとめたので、最後までチェックしてみてください。

 

主な脱税事例

節税は主に経費計上や事業投資などがあり、会社の払う税金を減らす目的でボーナスとして従業員に還元したり、福利厚生に経費を使うなど幅広い方法があります。

 

脱税と節税の違いは、NG扱いになる脱税の事例を見ていくと理解しやすいです。

 

節税の延長で脱税の領域に足を踏み入れてしまう経営者もいるので注意しましょう。

 

 

粉飾決算

脱税の代表的な事例です。

大きな粉飾決算では上場企業が利益を水増しするケースが多いですが、中小企業は売上を未申告するなど利益や売上を少なく見せる粉飾決算が多いです。

悪意のあるものはもちろん、請求書を山積みにした結果、一部を紛失して粉飾決算にしてしまう事例もあります。

 

悪意のある粉飾決算をしないことと、申告漏れをなくす意味でも小まめに帳簿の入力を行うようにしましょう

 

 

2重帳簿

会社の資料中小企業や個人事業主でよく見られるものです。

 

2重帳簿の事例は、カード決済して受け取った領収書を現金で経費にした後にカードの明細でも再度経費にしたり、交通系ICカードのチャージと使用した分のレシートの2重計上など幅広いパターンがあります。

 

昨今はキャッシュレス化による支払い方法の多様化で、勘違いによる2重帳簿を付けるケースも増えていますが。

 

最初は「どっちだっけ?分からないから都合の良い方でいいか」などといった心の隙から始まり、気付いたら2重帳簿の常習犯になってしまう経営者が多く見られるので注意してください。

細かい経費の2重帳簿は金額が少なければバレることはありませんが、大きな脱税の入り口になり得る行為なので、金額を問わず脱税行為の2重帳簿は絶対にしないよう肝に銘じておきましょう。

 

 

売上や損失の繰り越し・計上

大企業でよく見られるもので、売上や損失を入れる時期を選ぶ上で、適切な処理や算入をしないことです。

 

ちなみに決算時期では、景気が良い時は請求書の日付を来期に回して繰り越したり、景気が悪い時は来期の売上も詰め込むなどの節税方法があります。

 

昨今はソフトバンクの損失計上による節税が問題視されるなど、世間全般的に売上や損失の繰り越し・計上がシビアに判断されるように変化してきました。

 

 

経費の架空計上

何もない経費を計上する行為はあまり見られませんが、仕事ではなくプライベートに関連した出費を経費にしてしまう行為がよく見られます。

 

実際の所は領収書さえあれば区別できないので脱税がバレることは少ないですが、経費の架空計上から脱税癖がついてしまうリスクがあります。

 

 

仕入れの水増しや棚卸しの偽造

仕入れする際の費用や個数を水増しで計上したり、棚卸しの在庫を少なくカウントするなどの行為も立派な脱税です。

 

在庫を抱えるビジネスは売れ残っている在庫は原価として計上し、売れない限りは経費にできません

 

ルールを勘違いして仕入れた時点で経費にしてしまう経営者が多く見られるので注意しましょう。