会社経営をしていく上で経理や税金に関する知識は絶対必要になるでしょう。

法人の会計に関する知識のヘッダー画像

経理が軽視されがちな理由

決算報告書類会社経営における経理の重要性を理解せずに軽視してしまう経営者が非常に多いです。

 

その理由は、覚えようとしても複雑なルールがあり、専門性のある経理スタッフや税理士に任せてしまう方が多いからです。

 

たしかに各種処理や適切な経費計上、節税対策をするには幅広い知識を求められます。

 

難しくて面倒な処理は事務員などに任せることも大切ですが、会計や利益、資金繰りのことだけは経営者も最低限の理解と管理をしておくようにしましょう。

 

 

小規模事業者の経営者は経理に挑戦している人が多い

少ない資金と人員で起業した小規模な事業者の多くは、起業当初は経営者自ら会計ソフトへ帳簿の入力を行うなど、最低限の経理処理を行っているものです。

 

そして、帳簿を付ける手間が面倒で事業が成長するにつれて負担が大きくなることから、軌道に乗ったら事務員を雇うなどして経理の事務処理から離れていきます。

 

当初行っている帳簿を付ける作業だけしても貸借対照法や税率の計算など、経営に関わる主要な部分を簡単に理解できません。

 

経理に携わった結果、理解できなかった理由で、事務員を雇ったら経理に一切関わらなくなってしまうケースが多いです。

 

 

経理の概要はシンプル

税務署の前事業者における経理は、主に以下の内容を管理します。

  • 売上や利益
  • 固定費や人件費などの支出
  • 資金調達など

経理の概要は、得た売上や利益はしっかり申告し、経費を使うなどして節税をしていきます。

 

「利益が出ているから節税しよう」、「決算が黒字なのでその税金が高くなる」こうした表面的な概要は比較的簡単に理解できます。

 

規模が小さいうちは、経費を使って節税したり、自転車操業にならないように運転資金を確保するなど経理の概要さえ理解していれば問題ありません。

 

しかし、事業規模が大きくなっていくと次第に経理は複雑になってきます。

 

出ていくお金と入ってくるお金が多くなれば、利益や将来的な資産の推移を把握するのが困難になりますし、節税対策の注意点も増えるものです。

 

こうした特性から、起業した当初は適当な経理で回っていても、成長するに連れて経理のミスで経営が圧迫されてしまう事例が多数見られます。

 

経営者は経理の表面的なことだけを見て経営判断するのではなく、キャッシュフローや将来的な資金繰り、節税対策など経理の核心を理解できるようにしましょう。

経費削減対策について

 

具体的には、貸借対照表の見方や資金調達するために求められる財務状況、売上が減少した時に必要な現金のストックなどを把握できることが望ましいです。

 

事業が成長してから経理のことを覚えるよりも、経理処理がシンプルな段階から経理の主要なポイントを勉強した方が理解しやすいので、経営者は早い段階から経理の重要性を理解するようにしてください。